羅網

製品名: 羅網

 

 

 

サイズ:フリー

 

弊社過去最大実績

縦 2100mm × 横 5400mm

 

※パソコン環境などによって写真と現物の色が

 多少異なる場合がございます。予めご了承下さい。

 

 

羅網は斜めに結べない

 

羅網という漢字には「網」という字が使われています。本来網というのは、斜めに(ひし形)結んでいくものです。

しかし、大きいサイズの羅網を製作する際、斜めに結んでいくと上手くいきません。

なぜなら、ひし形に結ぶと、吊るした時に錺金具の重さがかかる真下に、金具の結び目が無い形になってしまうからです。

真下にかかろうとする重さが結び目のある斜め下、斜め下へと逃げようとします。

結果、重さが逃げることが出来なくなり、羅網はねじれて歪みが生じるのです。

そのため当社の羅網は上の写真の様に縦横に結び、綺麗に吊るせるようにしております。

※小さなサイズや縁があるものは斜めでも歪みが生じにくく綺麗に製作することが可能です。

羅網を選ぶポイントは3つ

・羅網ポイント その1

大きいサイズの羅網は斜めに結んでいないもの!
※小さいサイズや縁があるものは斜めでも製作可能。

 

・羅網ポイント その2

継ぎ目の玉に注目!

当社の羅網は、繋ぎ目の玉を、石やプラスチック等から選ぶことが可能です。
ここに綺麗に見せるためのポイントがございます。
実は、繋ぎ目の玉は石の方が高価なのですが、原色が使えるプラスチックの方が

出来栄えが綺麗に見えることが多々御座います。

高級だからといって安易に石を選ぶのではなく、プラスチックもご検討されることをお奨め致します。

 

・羅網ポイント その3

一目で分かるオリジナル羅網!

当社では羅網の金具(瓔珞/ようらく)に紋を入れることも可能です。

全ての瓔珞一つ一つに紋が入ることで他と差別化でき、特別感のあるオリジナルの羅網ができます。

 

瓔珞とは

古代インドの宝玉を連ねた首飾りから転じた、菩薩像などに用いられる装身具のこと。
または寺院や仏壇などに用いられる荘厳具。

※自社製造の寺院仏具を掲載しています。

当社の製品に興味が御座いましたらお気軽にご連絡ください。