壇ぶち金具 (1).JPG

企画展「工芸を分解してみる」で展示されています

2020年12月19日(土)から2021年1月24日(日)まで、京都伝統産業ミュージアムにおいて、5つのテーマから視点を変えて工芸を覗く企画展「工芸を分解してみる」が開催されています。

期間中、弊社の錺金具も展示されます。

企画展では​今までと違った切り口で工芸に触れることができますので、機会があればぜひ足をお運びください。

工芸を分解してみるチラシ表
工芸を分解してみるチラシ裏

<企画展「工芸を分解してみる」について>

工芸は、暮らしや文化のための道具として様々な要素を取り入れながら、時代とともに発展してきました。

使われている多種多様な素材や技術、また何人もの職人の分業による生産工程など、工芸品はたくさんの要素を持っています。

この企画展では、工芸を色・形・素材・技などの要素で分解し、工芸品から道具までジャンルを問わず展示しています。
視点を変えて観ることで、思いもしない気づきや発見、出会いをたくさん見つけることができます。

展示では工芸を体感できる仕掛けを多数用意しています。

会期中の毎週末には、職人によるワークショップ・実演を開催するほか、持って帰 ることのできる解説書など、子どもも大人も楽しめる展示となっております。

<詳細>

会場:京都伝統産業ミュージアム企画展示室 

住所:京都市左京区岡崎成勝寺町 9-1 京都市勧業館みやこめっせ 地下 1 階

開催期間 :2020年12月19(土)~2021年1月24日(日) 9:00~17:00(入館は16:30まで)

※休館:2020年12月29 (火)~2021年1月3日(日)

観覧料:無料

https://kmtc.jp/special/2020/11/17/4410/